クリニックBLOG

2013.06.21更新

スペインのマドリッドで開催された欧州リウマチ学会(EULAR)において、抗リウマチ薬(DMARD)の併用療法が見直される結果が発砲された。とかく生物学的製剤の使用が推進されすぎている日本においては、真摯に受け止めるべき報告と考える。メトトレキサート(MTX)単剤療法の効果が十分でない関節リウマチ(RA)患者に対し、抗リウマチ薬(DMARDs)の3剤併用療法(MTX+サラゾスルファピリジンSASP+ヒドロキシクロロキン)の効果は、MTX+エタネルセプトの2剤併用療法に対し効果が劣らないことが、米国・ネブラスカ大学医療センターのJames R. O'Dell氏らが実施したCSP 551 RACAT試験で示された。ヒドロキシクロロキンh、日本ではDMARDとして承認されていないが米国では広く使用されている。RAの治療はMTXで開始されることが多いが、MTX単剤で疾患活動性が低下する患者は約30%にすぎない。MTXの効果が不十分な場合に使用可能な生物学的製剤やDMARDsはいくつかあるが、RAは現在、糖尿病よりも治療コストの高い疾患となっており、その費用の大部分を生物学的製剤が占めるという。この問題について私は10年にわたって指弾してきたが、製薬メーカのプロモーションにより、適正使用がなされていない。現在日本で承認されている生物学的製剤は7種類あるが、すべて売り上げが伸びているという異常な状況でえある。安易に生物学的製剤を使用する前に、DMARD3剤併用治療を試してみるべきと思う。MTX+SASP+ブシラミン(リマチル)の併用症例がもっとあってもよいのではないかと痛感する。製薬メーカーも、意味のない東京での講演会で経費をたくさん使うのであれば、製剤の薬価を引き下げるべきであり、診療の邪魔にならいかねないMR(営業担当社員)を整理すうrなど経営努力をすべきと考える。

投稿者: 石田内科リウマチ科クリニック

当院へお気軽にお問い合わせください

診療時間…9:00~12:00/16:00~19:00 休診日…水曜午後/土曜午後/日曜祝日 TEL:075-201-7244 診療時間…9:00~12:00/16:00~19:00 休診日…水曜午後/土曜午後/日曜祝日 TEL:075-201-7244

新着情報

一覧へ >
2022/06/28
【夏季休診のお知らせ】来る8/12金曜日から8/16火曜日まで、夏季お盆休診とさせて頂きます。 休診前は8/10水曜日午前診療が最終となり、休診後は8/17水曜日午前診療が 最初となります。宜しくお願い致します。
2021/12/17
年末年始の休診: 年末は12月28日(火)の午前診療まで行います。 年始は1月4日(火)午前診療から再開します。
2021/06/16
2021/7/15木曜日午後診療と、2021/7/24土曜日午前診療は臨時休診となります。 また、今後毎月第3木曜日の午後診療は休診とさせていただきます。
2020/10/27
【年末年始休診のお知らせ】12月28日(月)から1月3日(日)まで年末年始休診させて頂きます。
2020/07/06
【夏季休診のお知らせ】8/11火曜日から8/15土曜日までの間、休診いたします。
石田内科リウマチ科クリニック TEL:075-201-7244 9:00~12:00/16:00~19:00 休診日 水曜午後/土曜午後 日曜祝日 科目 内科・リウマチ科・膠原病・アレルギー セカンドオピニオンについてセカンドオピニオンについて クリニックBlogクリニックBlog