クリニックBLOG

2013.12.24更新

 欧州各国の医療制度で緊縮政策がとられているにもかかわらず、大半の国では、数十億ユーロを削減できると考えられるバイオシミラー(バイオ後続品)の採用が進んでいない。今年のEULAR(欧州リウマチ学会)では、コスト面が問題視された。高価なバイオ医薬品のこうした安価版は、ジェネリック医薬品が従来の医薬品にかかる費用を削減したのと同様に、関節リウマチ(RA)療費を大幅に抑えられる可能性がある。欧州では2006年に最初のバイオシミラーが早々に承認され、最近では、米国に本拠を置くHospiraと韓国のCelltrionが開発した抗体医薬品が9月に承認されており、販売への道を先駆的に開いているが、バイオシミラーの使用は一様ではなくすべての国で好調というわけではない。JCR(日本リウマチ学会)の展示ブースでも、バイオシミラーのブースがあったが、関心度が高いかどうかは微妙であった。しかし、コスト面がおおきなネックになっているバイオ製剤の普及の突破口の一つであるこは間違いないであろう。医療費抑制にも貢献できる可能性がある。

 

投稿者: 石田内科リウマチ科クリニック

2013.12.12更新

あまり聞きなれない用語ですが、バイオ医薬品(生物学的製剤)は、高い有効性と安全性が得られることが多くの自己免疫疾患で確認され、海外では急速に使用が増加しています。とりわけある種の癌や血液疾患、自己免疫性疾患等の治療で抗体医薬品等への期待が高まっており、新薬に占めるバイオ医薬品(生物学的製剤)の割合は年々増加しています。もちろん適正使用はされねばなりませんが。近年中には、世界での医薬品売り上げ上位10品目中8品目をバイオ医薬品(生物学的製剤)が占めるとの予測もあります。
一方、バイオ医薬品(生物学的製剤)は一般にどの薬品も高額であることから、その普及は患者さんの経済的負担を増し、医療費高騰の原因にもなっています。たとえば、日本リウマチ友の会が行った関節リウマチ(RA)の患者さんを対象としたアンケート調査では「バイオ医薬品(生物学的製剤)を使いたいが、高額なので使えないので困っている」と回答した方が40%以上に達して、経済的理由でバイオ医薬品(生物学的製剤の恩恵を受けることができないRA患者さんが相当数おられるのは事実です。。
このような状況のなか、2012年以降に多くのバイオ医薬品(生物学的製剤が特許期間(パテント)の終了を迎えるため、バイオシミラー(バイオ後続品)が注目を集めています。一般の化学合成できる医薬品の後発品と異なるところは、バイオシミラーは高分子であるので、先発品との同等性や同質性の検証が要求されています。この意味で一般薬品の後発品より、有効性や安全性は担保されています。今後のデータの蓄積を待ちたいところです。

投稿者: 石田内科リウマチ科クリニック

当院へお気軽にお問い合わせください

診療時間…9:00~12:00/16:00~19:00 休診日…水曜午後/土曜午後/日曜祝日 TEL:075-201-7244 診療時間…9:00~12:00/16:00~19:00 休診日…水曜午後/土曜午後/日曜祝日 TEL:075-201-7244
メールお問い合わせメールお問い合わせ

新着情報

一覧へ >
2018/06/18
来る8/13(月)から8/18(土)の間休診致します。 休診前は8/10(金)午後診療までとなり、休診後は8/20日(月)午前診療から通常診療を再開します。
2018/03/19
4/12木曜日の午後診療は、日本内科学会評議委員会出席用務のため臨時休診と なります
2018/01/29
来たる4/26(木)から 4/28(土)は、リウマチ学会出張のため 休診とさせていただきます。
2017/12/05
1月23日(火)は学校保健委員会出席の為、午後診療の開始は17時開始となります。宜しくお願い致します。
石田内科リウマチ科クリニック TEL:075-201-7244 9:00~12:00/16:00~19:00 休診日 水曜午後/土曜午後 日曜祝日 科目 内科・リウマチ科・膠原病・アレルギー お問い合わせ セカンドオピニオンについてセカンドオピニオンについて クリニックBlogクリニックBlog