クリニックBLOG

2013.04.27更新

日本リウマチ学会の宮坂信之理事長は、関節リウマチの新薬で、JAK3阻害薬「トファシチニブクエン酸塩(商品名ゼルヤンツ錠)」が3月25日に製造販売承認を得たことを受け、声明を発表した。学会は、本剤による重篤感染症や発癌のリスクを懸念しており、適正使用がなされるかどうか、厳しくモニタリングしていく考えを表明している。これは米国FDAの調査結果を受けてのものである。すなわちトファシチニブに関しては、米国食品薬品局(FDA)も「用量依存的な重篤感染症、長期暴露時の発癌、免疫抑制に伴うリンパ増殖性疾患のリスクがある」と注意を促している。学会が懸念しているのは、「安全性に問題のある薬剤を、米国よりも広い適用、同量で承認すること」「経口薬で処方しやすく、使用施設や医師の限定が難しいこと」「従来の市販後全例調査と同じ方法では発癌リスクが評価しづらいこと」などの点。2月20日付けで製造販売会社のファイザーに慎重な対応を求める要望書を提出していた。人種差や平均体重が異なることを懸念している。この要望に対してファイザーの梅田社長は、学会の主な懸念4点につきどう対応するかを詳細に説明した文書を3月14日付けで返信している。他の抗リウマチ薬にはない「メトトレキサートをはじめとする少なくとも1剤による適切な治療でも症状が残る場合」という条件を設定したことを説明。また、添付文書の警告欄で「重篤な感染症や発癌が発現し、致死的な転帰に至った症例がある」と記載する。全例調査期間の処方は日本リウマチ学会専門医などに限定し、流通管理品目として納入制限を行う考えも明らかにした。また、全例調査は4000人を対象に3年にわたり実施。2000人の対象群を設けて比較調査を行い、投与中止例についても3年間の追跡調査を行うという。詳細は、日本リウマチ学会のホームページっをご参照ください。今後の、この薬剤の位置づけがどうなるかが注目される。


投稿者: 石田内科リウマチ科クリニック

2013.04.22更新

去る18日から20日まで、京都宝ヶ池の国立京都国際会館にて開催されていた第57回日本リウマチ学会が成功裡に閉幕しました。
日本リウマチが学会は、関節リウマチのみでなく、他の膠原病も含んでいるので、内容は多彩でした。やはり、演題数が多かったのは生物学的製剤関連のものでした。新規の治療法も開発される目処が立っているものもあり、どう使い分けるかがポイントです。
日本リウマチ学会のガイドライン作成の中間報告がなかなか面白かったです。

投稿者: 石田内科リウマチ科クリニック

当院へお気軽にお問い合わせください

診療時間…9:00~12:00/16:00~19:00 休診日…水曜午後/土曜午後/日曜祝日 TEL:075-201-7244 診療時間…9:00~12:00/16:00~19:00 休診日…水曜午後/土曜午後/日曜祝日 TEL:075-201-7244
メールお問い合わせメールお問い合わせ

新着情報

一覧へ >
2018/11/07
12/29(土)~1/4(金)年末年始休診となります。年末は12/28(金)午後診療まで 年始は1/5(土)午前診療からとなります。
2018/11/07
11/27(火)午後診療 就学時健診のため臨時休診となります。
2018/09/04
台風21号の為に、本日午後の診療は臨時休診とさせていただきます。
2018/06/18
来る8/13(月)から8/18(土)の間休診致します。 休診前は8/10(金)午後診療までとなり、休診後は8/20日(月)午前診療から通常診療を再開します。
2018/03/19
4/12木曜日の午後診療は、日本内科学会評議委員会出席用務のため臨時休診と なります
石田内科リウマチ科クリニック TEL:075-201-7244 9:00~12:00/16:00~19:00 休診日 水曜午後/土曜午後 日曜祝日 科目 内科・リウマチ科・膠原病・アレルギー お問い合わせ セカンドオピニオンについてセカンドオピニオンについて クリニックBlogクリニックBlog